トラブルを避けるために~連帯保証人について

トラブルを避けるために~連帯保証人について

はじめから嘘を承知で勧誘する悪質業者とは違いますが、任意売却の契約成立のために不正確な説明をするケースが報告されているようです。

たとえば、「返済が滞っても連帯保証人にまでは追求が及びません」など。

これはカン違いしやすいと思いますが、連帯保証人には債務者と同じ責任があるのだそうです。

私もカン違いしていましたが、「連帯保証人は債務者が返済できなくなった時に支払を請求される」と、思い込んでいる人は多いのではないでしょうか。

しかし、債務者に滞納があってもなくても、債権者は連帯保証人に対していつでも請求できます。

ただし実際にはもちろんこのような請求はされませんので、それで先ほどのようなカン違いが生まれるわけですね。

離婚した配偶者の場合でも責任は変わらないそうですので、注意が必要ですね。

債務者は「滞納すると連帯保証人に迷惑がかかる」と知っておく、そして連帯保証人は、「連帯保証とはそれだけ大きな責任を負う」と知っておくべき、ということですね。

任意売却の無料相談サイトを見ると、全国対応といっても地域により対応が難しいことがあるそうです。

私は今回横浜について調べていますが、横浜は東京に隣接していますので、迅速な対応が可能なようです。

任意売却のデメリットは?~話合いの手間etc.

任意売却について見ると、メリットがずいぶん多いという印象があります。

ただしデメリットもいくつかあるそうですので、見てみましょう。

まず、「タイムリミットがある」。

競売開始までに行わなければなりませんが、後述するように話合いに手間がかかったり、買主がみつからないことがあるので、その間にタイムリミットが来てしまうことがあります。

次に、「話合いに手間がかかる」。

競売の場合は債務者が何もしなくても強制的に進みます。

任意売却の場合は自分の希望も取り入れてもらえるところがメリットですが、その分、債権者や買取希望者との話合いに手間がかかります。

また、自分の住宅を売却する場合、買取希望者の内覧にも対応しなければなりませんね。

さらに、他にも債権者がいる場合は各債権者と、税金等の滞納があれば役所と、元配偶者が連帯保証などでかかわっていればその人とも、話合いが必要になります。

この連帯保証人の連絡先がわからなくなっていたりすると、同意が得られず、任意売却を行えないので注意が必要です。

トラブルにならない横浜での任意売却

ただし、この話合いは本人がする必要はなく、しっかりした業者であればまかせていれば上手く進めてくれるはずです。

私は今回横浜の業者を検索したり、横浜を含め全国に対応する相談サイトを見ました。

業者の選び方がわからない方も相談してみてはいかがでしょうか。